Aug 2018

 

この夏の猛暑にやられたのか、その前からの貯蓄された疲れが放出されたのか不明だけれども、なんとなく精神的に落ち込む直前のような気がしたので意識的に仕事の量を調整するなどして回復を図った。その記録。

 

 

最初の1~2週間:

・仕事を抑えて早めに帰宅。まず友人知人と会う、でもまだなんとなく仕事モード。戦闘モード。

 

3週間目~4週間目:

・夏休みもあったので、丸2週間くらい、たくさん睡眠をとって誰とも会わずに家でだらだら。長時間お風呂に入ったり、ツイッターしたり。なんとなく仕事モードが抜けてくる

・だらだらし尽したら、なんとなくインプットしたい気持ちがでてきて読書。幼少期に好きな作家さんを思い出すなど。

・仕事を抑えはじめて、1か月後くらい、なんとなくアウトプットしたい気持ちがでてきて古くからの友人たちに会って自分の心境などを話す気になる。この時点で少し整理されてきている。どういう状況が自分は嫌なのか、など。仕事に夢中な時期は、いやも何も気にせず仕事しちゃうけど、精神的には負荷をかけていたのかな、などと仮説をひたすら話す。

 

1か月~1か月と2週目:

・引き続き古くからの友人に会っていく。遠いひとはラインもする。懐かしいころの話など。もともと自分がどんなひとだったのかを思い出す。話していくなかで最近なんとなく元気が出なかった理由がクリアになっていく。

・料理をしようかな、などと思うようになる。

・そろそろちゃんと勉強をしようかな~という気持ちになる

・まぁいろいろどうにかなるだろう、という気持ちになる

・運動をしたいな、きれいなお洋服を買いにいこう、お化粧しよう、などと通常モードになる。

 

ということでなんとなくそろそろやばいかな?という時期から、「まぁ大丈夫~」という状態にもっていくまでに8週間程度かかった。

自分を客観視できないときが一番不安で「なにがなんだかわからんが落ちかけている」というのはとても不安だったんだけど、友人たちとの対話のなかで「あれとこれが気に入らんのだな自分は」ということがわかるようになってきたら、もう山は越えたなという感じ。

 

次はその気になる箇所とどう向き合っていく?っていうだけのことで、それはわたしのなかでは決め事なので、どうにかできそう。(嫌いな同僚に対しては、コミュニケーションが取りずらいので一緒に仕事をすることは難しい、と上司に明確に伝えるなど)

 

よかったところ:

・完全に落ちることを回避できたのは素晴らしい。

・ちょっと仕事を抑えるよ、と言ったときに、まぁそういうこと結構あるよ~どんどん休みなよ~と言われた。みんなやさしい。

・「ストレスって誰でもあるよね」といったときに、「でも一般化しすぎるのもよくないよ、あなたはあなたなんだから、あなたがストレスと思うならそれはストレスだよ」と言ってもらえて、すごいいいこと言うわ、と思った。もともと好きな先輩だったけど、さらに信頼が増した。

・仕事を抑えたけど周りは周りで、どうにかしていたので、それもわかってよかった。本格的に長期休みを取ることになるよりは、事前に8週間で回復できたほうがよい。

・ちょっと落ちかけているときこそ響くものってあって、宇多田ヒカルさんの初恋というアルバムの良さに気が付けてよかった。

・古くからの友人はすごい。すべてを容認してくれすぎてい今まで甘やかされていたことに気付くなど。

・古くからの信頼している友人が、ほぼ年上の女性であることに気が付く。これはわたしに姉がいて、小さいころから姉にいろいろな話を聞いてもらっていて、話ながらいろいろな自分の気持ちを整理していたからなんだろうなぁと思って、姉に感謝した。割引券を送るなどして感謝の意を示した。

 

今後の対策

・今回のようにおちて、ちょっとあがって、を繰り返さぬように日常生活で仕事をセーブするようにする。それは物理的な量というよりも自分の気持ちの問題としてもう少し手を抜いていく。

・日々運動の習慣をつける。運動は偉大。すっきりする。

・日々自分の納得する生活をする。言いたいことは言う。仕事は適宜さぼる。

 

そういうときしか見えない景色もあるよね、ということで記録に。

次回からちゃんと進みはじめたUSCPA勉強報告に戻すぞ~。

 

 

 

本のメモ 喜劇としての国際ビジネス: 私が出会った〈一流〉という名の怪優たち

 

喜劇としての国際ビジネス: 私が出会った〈一流〉という名の怪優たち

喜劇としての国際ビジネス: 私が出会った〈一流〉という名の怪優たち

 

 久々にドンピシャ。「事実は小説よりも奇なり」を地でいく本当にあった怖い話。

著者のダニエルさんが弁護士として出会った世界中のあやしいひとたちとの出来ごとを語ってくれている。舞台はドバイ、国連、中国など。

一度でも発展途上国やODA関連のプロジェクトなどで働いたことがあるひとからしたら出てくるストーリーはよく聞く「あるある」話。

「政府に親戚がいてコネがあるから自分だけが知っているがこのビジネスは絶対儲かる」という現地の住民は世界中に山ほどいて、騙されるひとも少なからず居る、というのはあまり語られないところ。

ダニエルさんが毎回騙されては落ち込む様子は確かに喜劇だけれど、彼のアフリカへの思いが毎回踏みつぶされる状況は悲劇的。

英語版も置いておきます。Nothing but a Circus、いい題名。

Nothing but a Circus: Misadventures among the Powerful

Nothing but a Circus: Misadventures among the Powerful

 

 

 

July 2018

・仕事

ひとやま超えた。やるべきタスクが多くて時間がかかって大変だ、という仕事ではなく

自分が納得しないと次に進みずらく、終わりがないお仕事。「どこであきらめるか」を自分に問うような1か月だった。

タスクに取り組んでいるときは暗闇のなか勘だけで山を登るような感覚に近い。山を登り切って、頂上から見ると自分の進んだ道が特段悪いルートではなかったりする。

結果としてチャレンジしてよかったといまこの瞬間は思う。ただ、あと何年この不安との戦いが続くのだろうかと思うと精神的にはあまりよくないはず。知識を積み上げていくような仕事がしたい。まぁ、なのでCPAなんだよね、繋がった感がある。

 

・英語

単語覚え中。

RANK1: 90~100%わかる

RANK2:70~80%わかる

RANK3:60%わかる

RANK4:40%わからないくらい

ということでいまランク3を覚えています。覚えが遅すぎてひくレベル。

 

・USCPA

NASBAに送った成績証明の結果がまだ届かず。約3か月経過しているので不安でメールを送るなど。年内の全単位取得間に合うか・・・。

 

出願先について、NY州からワシントン州に変えるかもしれず、それも予備校に相談メール。

四科目合格を目指していたので、NY州でよいと思っていたのだけど、「ライセンスが無ければアメリカで働きたいときに働けない、自分で自分の可能性を低くしてどうするの?」という旨のメッセージを受けて、ちょっと気が変わってきた。維持費も高くはないので。

 

・LIVE

偶然同時期に2人のアーティストのライブに行ってきた。2人ともジャンルは違えどわたしと同い年。音の力は想像以上にインパクトがあって、ものすごい大きなエネルギーを受け取った。美しい音色の裏にある日々の圧倒的な努力とそのために捨ててきたものを想像したけれど、アウトプットである音楽が美しすぎてもうなにも考えられなくなってしまった。

 

 

 

TOEFL SCORE 2018 July

人生初のTOEFLを受験。

ひどい結果だけども今後伸びていくことを信じて結果を・・・。

海外駐在、海外出張、英語圏の友人たちとの会話、すべてにおいて一緒に過ごしてくれた仲間たちの優しさで英会話が成り立っていたのだと思うと申し訳なさでいっぱいだなぁ。

100を目指すにあたって、単純に倍にしないといけないのでまずは目標設定。個人的に目指すのは以下の通り、リスニングとスピーキングは控えめに、リーディングとライティングで稼ぐぞ~というお気持ち。

 

Reading

Listening

Speaking

Writing

Total

Current 

10

14

8

15

47

2019/12/31

28

25

22

25

100

 

次回テストは12月1日の予定。

まずは何よりも語彙力。7月中に最低でも単語3800のランク3までを1周、、、できるかな

 

June 2018

月1の更新。

  • お仕事
  • USCPA勉強
  • IT系資格
  • 読書
  • MBA
  • コミュニティとアート

 

・お仕事

珍しく繰り返し系のお仕事。

同じことの繰り返しが存在しないお仕事なのだけど、今回だけは、何度も同じことをやる、という機会だった。それはそれで発見が多かったな。無知の知の発見。繰り返しなので当然「よくできる」わけで、「できることをやって評価を受ける・喜んでもらえる」というのは気持ちがいい。日々できないことと向き合っていて暗中模索状態なので、時々こういうことがあるとうれしい。

気がついたら「できること」が増えている事象について、自分はどこまで自分を認識できていないのか、ということに唖然としたりもする。

 

来月以降会計系の仕事がはじまるぞということで慌てて準備。ここ数年簿記に使ってきた時間がスーッと集約されいくような感覚がある。仕事に関連する知識をつけると時々点と点が明確に線になるタイミングがあって、不思議な感覚。あたまがいいひとはここの回転数が多いんだろうな。

 

よい区切りもあり、今後の5か年計画について改めて考える。もっと難しい仕事にチャレンジし、キャリアを積み、USCPAも取得し、MBAで学び、コミュニティでは地域に尽くし、よりよりひとになりたい、という基本的欲求と同じくらい、

今までのキャリアをおいてまったく仕事をせずに1年間くらいは何もしない、という状況に身を置きたい、という気持ちが大きい。

ということで5か年計画立案は自分のために自分で立てる計画であるにも関わらず本音と建前が混同してしまってなかなか進まない。「あるべき姿」を書けばいいだけなんだけれども。

 

・USCPA勉強

6月はなにもせず、なんならこの半年ほぼできない。実は年末までに会社への報告義務もあり、慌ててスケジュール調整をするなど。

 

・IT系資格

SQLトレーニング完了。3日くらい。基本構造はわかった、がこのあとストアドを動かすにはまたアドバンストレーニングが必要そう。なんならアドバンスよりも実践でどんどんさわっていかないと覚えられないよね、と。むむむ。

 

・読書

そういえば伊坂幸太郎さんにハマって読み始めてもう12年くらい経過していることに気が付いた。彼の作品を読むことだけが生活のなかの楽しみだなと言い続けてもう12年。何も続かない人生だと思っていたけれど恐ろしいほどに無意識に新作を読み続けたので伊坂幸太郎さんは本当にすごいなぁ。(と思ったら今でも読んたことがない作品があったので慌てて読んだ)

ガソリン生活 (朝日文庫)

ガソリン生活 (朝日文庫)

 

 

・MBA

準備を粛々と。エッセイやGMATはもとよりまずは英語の単語が明らかに足りていないので

(これは日常生活でも困るくらいに単語が足りていないので自覚がある)

いろいろなブログを読んでみんながおすすめするこの2冊をまずは1回まわしてみる。

 

マイルストンとしては7月、8月、9月にそれぞれTOEFLの簡易テスト受験を受けられるように予約完了した。いまはたぶん60点ないくらいなので、ほぼ倍を目指さないといけないのか…。 

DUO 3.0

DUO 3.0

 
【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

 

 

 ・コミュニティとアート

アート関連のコースに通って修了した。4月頃見つけて、5月に開始、6月に終了という短期間だったけれど、地域に根差したアートという新しい領域に対して、誰がどう動いているのかという全体像をなんとなく把握できた。

コミュニティとアートという世界はまだまだ広そうで、できることも考えることもたくさんありそうなので積極的に見ていきたいな。

地域や社会になにか貢献したい、という思いはずっとあるもののなかなかそこまで行動がむかっていかなかったので、こういう世界を覗く時間ができたというのは自分のなかでは大きな一歩。