本のメモ さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

 

 

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

 

 

身近な例を用いて会計の雰囲気をつかみましょう、というコラムに近いもの。さおだけやさんは実は金物屋さんが移動中に広告を流していたのだったという例や、田舎の高級フレンチは実はお昼時間帯のお料理教室で利益を出していた、など。

 

簿記を勉強している身からすると会計の本というよりは会計系の雑学に近しいけれど在庫、資金調達、回転率等の会計用語を、日常の食品のお買い物や副業とつなげて説明されており理解できたような(気になる)。小中学生でも読めそう。