本のメモ  10年後の仕事図鑑

 

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

 

 

本屋さんで平積みされていたので気になって手に取ってみた。

技術革新によって職業や業務内容がどう変化していくか、ということを堀江さんと落合さんがそれぞれの視点から語ったもの。

あとがきを読むとお二人で対談した内容をライターが文章にまとめたもののようで、語り口が軽やかでさらっと読めてしまうのは口語をほぼそのまま文語にしたからなのかも。

わざわざ本で読むよりは有料webで掲載したほうが文体と媒体の雰囲気が合うかなと思ったり。

 

以下ざっくりメモ

・ 機械化が進んでも心配なんてしなくってよくて、今までひとがやらなくてもよいようなところを単純にコストの問題でひとがやっていたので、そこが削られるだけですよ、ということ。

・ 削られた部分でひとは労働や給与制度から解放されて、自由時間がもてるようになってさらに「自分が好きなこと」「自分にしかできないこと」にフォーカスされるようになりますよ!と。

・ だから今から「すきなこと」でマネタイズできるようになっておくとよいかも、ドローンとかおもしろいよ~。マネタイズの手法はインスタでもshowroomでも、クラウドファンディングでも選び放題なんですよ~。など

 

みたいなところかな。

ちょっと前にはやったパーソナルブランディング(響きが懐かしい)の延長線上のような感じ。

 

なんにせよ特に堀江さんの意見は、首尾一貫しているので見ていて気持ちいいものがあるな~。

r25.jp