June 2018

月1の更新。

  • お仕事
  • USCPA勉強
  • IT系資格
  • 読書
  • MBA
  • コミュニティとアート

 

・お仕事

珍しく繰り返し系のお仕事。

同じことの繰り返しが存在しないお仕事なのだけど、今回だけは、何度も同じことをやる、という機会だった。それはそれで発見が多かったな。無知の知の発見。繰り返しなので当然「よくできる」わけで、「できることをやって評価を受ける・喜んでもらえる」というのは気持ちがいい。日々できないことと向き合っていて暗中模索状態なので、時々こういうことがあるとうれしい。

気がついたら「できること」が増えている事象について、自分はどこまで自分を認識できていないのか、ということに唖然としたりもする。

 

来月以降会計系の仕事がはじまるぞということで慌てて準備。ここ数年簿記に使ってきた時間がスーッと集約されいくような感覚がある。仕事に関連する知識をつけると時々点と点が明確に線になるタイミングがあって、不思議な感覚。あたまがいいひとはここの回転数が多いんだろうな。

 

よい区切りもあり、今後の5か年計画について改めて考える。もっと難しい仕事にチャレンジし、キャリアを積み、USCPAも取得し、MBAで学び、コミュニティでは地域に尽くし、よりよりひとになりたい、という基本的欲求と同じくらい、

今までのキャリアをおいてまったく仕事をせずに1年間くらいは何もしない、という状況に身を置きたい、という気持ちが大きい。

ということで5か年計画立案は自分のために自分で立てる計画であるにも関わらず本音と建前が混同してしまってなかなか進まない。「あるべき姿」を書けばいいだけなんだけれども。

 

・USCPA勉強

6月はなにもせず、なんならこの半年ほぼできない。実は年末までに会社への報告義務もあり、慌ててスケジュール調整をするなど。

 

・IT系資格

SQLトレーニング完了。3日くらい。基本構造はわかった、がこのあとストアドを動かすにはまたアドバンストレーニングが必要そう。なんならアドバンスよりも実践でどんどんさわっていかないと覚えられないよね、と。むむむ。

 

・読書

そういえば伊坂幸太郎さんにハマって読み始めてもう12年くらい経過していることに気が付いた。彼の作品を読むことだけが生活のなかの楽しみだなと言い続けてもう12年。何も続かない人生だと思っていたけれど恐ろしいほどに無意識に新作を読み続けたので伊坂幸太郎さんは本当にすごいなぁ。(と思ったら今でも読んたことがない作品があったので慌てて読んだ)

ガソリン生活 (朝日文庫)

ガソリン生活 (朝日文庫)

 

 

・MBA

準備を粛々と。エッセイやGMATはもとよりまずは英語の単語が明らかに足りていないので

(これは日常生活でも困るくらいに単語が足りていないので自覚がある)

いろいろなブログを読んでみんながおすすめするこの2冊をまずは1回まわしてみる。

 

マイルストンとしては7月、8月、9月にそれぞれTOEFLの簡易テスト受験を受けられるように予約完了した。いまはたぶん60点ないくらいなので、ほぼ倍を目指さないといけないのか…。 

DUO 3.0

DUO 3.0

 
【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

 

 

 ・コミュニティとアート

アート関連のコースに通って修了した。4月頃見つけて、5月に開始、6月に終了という短期間だったけれど、地域に根差したアートという新しい領域に対して、誰がどう動いているのかという全体像をなんとなく把握できた。

コミュニティとアートという世界はまだまだ広そうで、できることも考えることもたくさんありそうなので積極的に見ていきたいな。

地域や社会になにか貢献したい、という思いはずっとあるもののなかなかそこまで行動がむかっていかなかったので、こういう世界を覗く時間ができたというのは自分のなかでは大きな一歩。